" 査定相場が大きく下がるタイミングがある

年式落ちとモデルチェンジ時期は要注意

■年末に向けては「年式落ち」に注意

売却した車が中古車市場に出回る時期が年内になるか年明けになるかで大幅に査定額の違いが出るのが「年式落ち」の問題です。

年末に向けた11月や12月の時期に車を売ろうとしている場合は十分に注意する必要があります。

売価する時期が12月上旬を過ぎたりすると市場に出るのが年明けになり、それだけで年式の違いによる査定額大幅ダウンの可能性が大きくなります。

「忙しいし、一括査定を申し込めば数日で査定が終わるからまだ時間がある」と思っているうちに愛車が「年式落ち」の査定ダウンを被らないように気をつけてください。


■モデルチェンジの時期には気をつけよう

愛車の車種のモデルチェンジの時期も査定額に大きい影響をもたらします

フルモデルチェンジはもちろんマイナーチェンジがあっても査定ダウンは免れません。

モデルチェンジの情報は車情報誌やネット情報で知ることができますので、車を売ろうかなと考えたらまずはその車種のモデルチェンジのスケジュールはどうなっているのかをチェックするのがいいでしょう。


■査定ダウンの時期に注意してできるだけ早く売る

車 売る

結論としては、表題のように年式落ち・モデルチェンジといった大幅査定額ダウンのタイミングに注意して、できるだけ早く売るのが良いということになります。

更に、次のような車種による査定額の季節変動を頭に入れておけば、自動車を売るタイミングで後悔することを避けられるでしょう。

・寒冷地の需要やスキーシーズンが近づく9月ごろから4WD車の相場が上がり始める。

・転勤や入学の多い春先は通勤・通学のためのコンパクトカーや軽自動車の需要が増える。

■売ると決めたらできるだけ早く売る

自動車に限りませんが、中古物件は時が経てば経つほど評価額が下がります。

自動車も例外ではなく古くなればなるほど査定額は低くなるというのが通常の姿です。

ですから一般論としては、自動車を売ると決めたら、ぐずぐずせずにできるだけ早く売るというのが賢いやり方です。

どうしようかとあれこれ考えたり悩んだりしているうちに、愛車の査定額は一日一日下がっているのだという認識を持った方がいいでしょう。

■相場が下がる時は下取りのほうがいいのか

車の査定は相場の落ちる時期やタイミングがありますが、そのようなタイミングの時は下取りのほうが有利になるのかというと、そんなことはまずありません。

買取店の査定とディーラーの下取査定にはそれほど大きい格差があるのです。

それが車買取専門店の一番のメリットであり、どんなに相場が動いてもそれが逆転することはまずないといっていいでしょう。


こちら 人気の車一括査定サービスを比較

おすすめのサービス 5段階評価            詳  細

かんたん車査定ガイド

★★★★★

ともかく入力が簡単!人気急上昇中の一括査定

●最短32秒の入力で最大10社からの一括見積が可能。

●中古車の買取一括査定サイトの決定版です。

●入力後すぐに概算査定額がわかり相場のチェックにも最適です。

詳細はこちら⇒ かんたん車査定ガイド

ズバット車買取比較

★★★★★

全国展開大手の買取業者が多数参加

●大手を含む107社から厳選された8社に一括で査定依頼。

●人気薄の車や過走行車に強いと定評がある一括査定です。

●毎月の買取強化車種であれば更に好条件が期待できます。

詳細はこちら⇒ ズバット車買取比較

楽天 無料一括査定

★★★★☆

『楽天市場』が運営する中古車一括査定サービス

●最大9社の無料見積り比較。

●査定依頼者全員に楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント。

●成約(車を売却)すれば更に3,000ポイントプレゼント。



■年式が古くても高い車がある

年式が古い車の中には、「年式は古いが、マニアには根強い人気がある車」というものがあります。

車に興味を持っていない人にはどちらも同じ中古車に見えてしまうのですが、カーマニアにとっては年式が古くても魅力を感じる車、欲しい車ということになります。

もしあなたがそうしたマニアの人気車を売ろうとしていて、幸いにもマニア向けの中古車買取業者があれば、そのような特別の価値を勘案した査定額の提示を受けることは出来るでしょう。

しかし現実にはそうした専門店はなかなか少ないものです。

やはりネット経由の一括買取査定で、より多くの買取店の査定を受けるのがまずは高額売却の近道でしょう。

様々な得意分野を持つ買取専門店が多数参加している一括査定なら、愛車と買取専門店のマッチングをたった一度の申し込みで試すことができます。



このページの先頭へ