" 時期によって査定相場が上がる車種がある

例年特定の時期になれば査定が相場が上がる

中古車の査定相場は、旬や流行、中古車業者オークションでの相場などによって決まります。

ですから例年一定の時期になると重要が増えて相場が上がる傾向のある車種も出てきます。

■春先は軽、コンパクトカーの需要が増える

車 売る

春先といえば、入学、転勤、転入・転出の時期。

通学用、通勤用として値段が手ごろな中古の軽自動車、コンパクトカーの需要が大きくなり、相場が上がる傾向にあるといわれています。

年式が新しい軽自動車などは春先によく売れますし、業者はノドから手が出るほど欲しいでしょうから、売る側も交渉に持ち込みやすい時期となります。

でも注意点があります。

年が明けてから車を売りたい事情が出た場合は春先まで少しの間待った方がお得かも知れませんが、年明け前から売りたいと思っている場合は一刻も早く売った方が損をしないですむでしょう。

12月から1月になれば「年式落ち」で査定額が大幅にダウンしてしまうからです。


■夏に向けてアウトドア用の車の人気が高まる

夏といえばアウトドアのシーズン。SUVやワンボックスカー、ミニバン、ステーションワゴンなどのアウトドア、キャンプ用に向く車種の人気が高まるといわれています。

またオープンカーも同様のようです。

この場合も注意点は軽やコンパクトカーと同様で、年を越してまで売るのを引き伸ばすべきではないでしょう。


■冬に向けては4WD車が高くなる

冬が近づく時期には4WD車の相場が上がってくるというのはとてもわかり易い話でしょう。

何も東北や北海道など積雪寒冷地だけの話ではなく、スキーやスノボーなどウィンタースポーツ用として全国的な傾向のようです。


■一般車種なら一刻も早く売る

以上のように特定の車種では季節によって査定額が変動する場合もありますが、一般的には、車を売りたいと思ったらできるだけ早く売るというのが鉄則です。

車というのは、6年という償却期間の間に刻一刻と価値が下がっています。

また売る時期が遅くなればなるほど走行距離も伸び、価値が低下する要因になります。

中でも車買取専門店の場合は、買取額が日々変動する中古車オークションの相場と連動している面があるので、一旦査定を受けてから2週間もすれば「再査定」ということになりかねません。

車を売ることになったら、一括査定で一気に各社の買取額を比較し、1週間、遅くとも2週間程度で売却するようにしましょう。

■買取店だから相場が上がる

このような相場の動きは、車買取店が業者オークションでの適正価格を背景に査定しているからこそ出てくるものです。

各社ごとのマニュアルによる機械的な査定になってしまうディーラー下取りでは決して起こりません。

この点から見ても下取りからは早く卒業した方がいいということがわかりますね。


こちら 人気の車一括査定サービスを比較

おすすめのサービス 5段階評価            詳  細

かんたん車査定ガイド

★★★★★

ともかく入力が簡単!人気急上昇中の一括査定

●最短32秒の入力で最大10社からの一括見積が可能。

●中古車の買取一括査定サイトの決定版です。

●入力後すぐに概算査定額がわかり相場のチェックにも最適です。

詳細はこちら⇒ かんたん車査定ガイド

ズバット車買取比較

★★★★★

全国展開大手の買取業者が多数参加

●大手を含む107社から厳選された8社に一括で査定依頼。

●人気薄の車や過走行車に強いと定評がある一括査定です。

●毎月の買取強化車種であれば更に好条件が期待できます。

詳細はこちら⇒ ズバット車買取比較

楽天 無料一括査定

★★★★☆

『楽天市場』が運営する中古車一括査定サービス

●最大9社の無料見積り比較。

●査定依頼者全員に楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント。

●成約(車を売却)すれば更に3,000ポイントプレゼント。



車を売ろうと考えるきっかけは人によって様々でしょう。

結婚や引っ越しなどで必要な車が変わったので買い替えたい、今までの車に飽きたので乗り換えたい、今は迷っているが査定額によっては車を売りたいという人もいるかもしれません。

車の売却を考えるならできるだけ高く売るたいと考えるのが人情というものです。

車を高く売るにはいくつかのポイントがありますが、車種によって査定額に季節変動があることも、事前に知っておくべきポイントの一つでしょう。

また、季節変動にこだわりすぎて、年式落ちやモデルチェンジによる大幅な査定減になることも避けなければいけません。

あれこれと考えすぎることなく、通常の車であれば、ともかく売ると決まったら一刻も早く売った方が良いと覚えておいた方がいいでしょう。



このページの先頭へ